一般社団法人製剤機械技術学会|JSPME
出版物 / BOOKS
■ 講演要旨集(一部会員限定)
当学会のイベント内で行われた講演の要旨集はこちらでご覧いただけます。
≫講演要旨集一覧へ

■ 委員会公開資料(会員限定)
当学会で活動している委員会の公開資料はこちらでご覧いただけます。
≫委員会公開資料一覧へ

■ 出版物一覧
書店から販売している以外の出版物につきましても、希望者に有償にて配布いたします。
事務局にお問い合わせください。
定期刊行物(学会誌)
平成4年3月から製剤機械技術研究会誌を発行していますが、平成23年9月に法人化し、一般社団法人 製剤機械技術学会となったことに伴い、平成23年12月号より製剤機械技術学会誌に名称が変更されました。本学会誌は年4号(3,6,9,12月)を定期刊行し、研究・技術の解説、取り巻く話題、工場紹介、製剤機械の紹介、会員に参考となる特集号の発刊、技術研究論文の掲載など、本学会の特徴を出すべく、内容の充実を図っています。

バックナンバーを見る

製剤機械技術ハンドブック(第2版)
平成12年9月、設立10周年記念事業として初版を発刊し、平成22年10月に設立20周年事業として第2版を発刊しました。本誌は最新の内容にて、単位操作と製剤機械、製造支援システム、剤形と製造法、製造工程の試験に関わる試験機器、GMPとバリデーション、製剤の品質とそれを取り巻く世界と日本の動向、の各項目から構成されており、読者の日常の業務に役立つよう企画いたしました。

≫(株)地人書館にて取り扱い

略号・記号集
平成7年10月に発刊しました。本書は医薬品製剤の生産に関連した建築、設備、機械、計測機器、製剤技術などのハードから製剤・薬剤学、GMP等を含むソフトまでの広い範囲で用いられる略語や記号について会員の日常の業務に必要なものをフルネームにて収載したものです。

技術用語辞典
平成17年に9月に研究会設立15周年を記念して発刊しました。その10年前に発刊された略語・記号集(設立5周年を記念して発刊)を基本として新しい用語も加え、重要な用語には解説も加え、色々な分野の方にも理解できる内容としたものです。CD-ROMを添付して、より検索を容易にしたものです。

医薬品固形製剤工場「空調」及び「製造水」システム
—GMPハード対応の事例と解説—

平成17年に9月に研究会設立15周年を記念して発刊しました。その10年前に発刊された略語・記号集(設立5周年を記念して発刊)を基本として新しい用語も加え、重要な用語には解説も加え、色々な分野の方にも理解できる内容としたものです。CD-ROMを添付して、より検索を容易にしたものです。

内服固形製剤設備の適格性評価の実際
—パンコーティング設備の例—

平成15年10月発刊。パンコーティング設備を対象に設備の適格性評価に関する具体的な事例を含め、製剤機械技術研究会GMP委員会で研究し実態を考察した成果を解説としてまとめたものです。

内服固形製剤設備の適格性評価の実際
—ブリスター充填・包装/ピロー包装設備の例—

平成19年4月発刊。ブリスター充填・包装/ピロー包装設備を対象に、設備の適格性評価に関する具体的な事例を含め、製剤機械技術研究会GMP委員会で実態を調査研究し、考察した成果を解説としてまとめたものです。

原薬製造設備の適格性評価の実際
平成20年8月発刊。原薬製造設備を対象に設備の適格性評価に関した具体的に解説したものです。製剤機械技術研究会GMP委員会と日本医薬品原薬工業会GMP委員会が共同で調査研究した成果をまとめたものです。

設備保全における品質リスクマネジメントの事例—パンコーティング設備の例—
平成26年3月発刊。パンコーティング設備を対象に、設備保全における品質リスクマネジメントの事例を具体的に解説したものです。製剤機械技術学会GMP委員会設備保全分科会が研究した成果をまとめました。

日本における電子記録・電子署名利用の手引際
平成16年10月発刊。製剤機械技術研究会GMP委員会と日本製薬団体連合会GMP委員会が編集したもので、電子化技術を適切に利用するための参考となる技術を分かり易く解説しています。

≫(株)じほうにて取り扱い

内服固形製剤工場のGMPハード対応に関するガイドブック
平成17年4月発刊。平成14年から3年間の厚生労働科学研究「医薬品の最新の品質管理システムの在り方・方法に関する研究」の中の一分担研究として調査研究が行われた「内服固形製剤工場のGMPハードに関する指針」ともとに、追加執筆されたものです。

  • ページの先頭へ