一般社団法人製剤機械技術学会|JSPME
当学会について / about JSPME
 本学会は1991年に製剤機械技術研究会として発足しましたが、2011年に一般社団法人製剤機械技術学会として新たな飛躍の一歩を踏み出し、本年で創立29年を迎えました。本学会は、製薬、製剤機械・計測、添加剤、エンジニアリングそれにアカデミアを含めた極めて多彩な分野で活躍する会員で構成されています。事業体会員、個人会員を合わせ常に800人以上が、患者や生活者のQOL改善のため、技術革新、最先端の研究、健康に関連した情報収集・共有・発信に努めています。これらの活動は、我々が優れた医薬品を市場に送り出すための主要な役割を果たしており、相互の有機的な連携が達成された時、より強力な成果につながることが期待されます。我々は、相互が切磋琢磨し、win-winの関係が構築される学会を目指しています。
 本学会の最大の行事として大会がありますが、第1回大会を1991年に学士会館で開催してから本年は第29回大会を岐阜で開催する予定ですが、産官学の講師による講演、仲井賞の受賞講演などが2日間にわたり繰り広げられます。また大会を補完する形で、夏に講演会、晩秋にシンポジウムを開催し、会員にとって有意義でタイムリーなトピックを採り上げております。これらの詳細はホームページに掲載しておりますのでご覧下さい。
 本学会の強み・特長は何といっても12の常設委員会の積極的な活動にありますが、常にレギュラトリー関連事項の動向に留意し委員会新設や活動方向などで動的・柔軟に適応しています。長年活動している会誌編集委員会、教育委員会、GMP委員会、国際委員会、PAT委員会、ホームページ委員会、トレーサビリティ委員会、工場見学委員会、技術研究論文審査委員会、仲井賞選考委員会に加え、最近発足した連続生産委員会、無菌製剤委員会が強固な屋台骨になり、今後の学会躍進を支える「礎」になることが期待されています。活動成果は会誌やホームページへの掲載、大会での発表、冊子の発行などで会員に随時共有・展開しております。
 ところで、東京でオリンピックが開催される来年、2020 年には本学会の創立30周年を迎えますが、上記常設委員会に加え、「30年史編集委員会」、「30周年ハンドブック編集委員会」が発行を目指し現在活動をしております。また、工場見学委員会では、節目毎に海外視察を計画・実施していますが、現在、米国訪問を実施すべく訪問先の検討をしているところです。これらの記念事業の動向にご留意ください。さらに40周年、50周年へ向け、会員諸氏のご支援、ご協力の下、一層の飛躍を目指し邁進したいと考えております。
 また、ハードおよびソフトを含めて広く製剤機械の進歩・発展に広く貢献した個人又はグループの功績を顕揚するために初代会長の仲井由宣先生の名を冠した「製剤機械技術学会 仲井賞」を2001年に、学会活動分野等における基礎研究、応用研究、または技術開発を通じて優れた業績を上げた40 歳未満の会員を対象とした「製剤機械技術学会 仲井賞若手研究者奨励賞」を2017年に設定し表彰をしていますが、製剤機械技術の一層の振興を図り、我が国の技術を世界にアピールする良い機会になると考えております。
 最後になりましたが、2019年6月22日に開催された年次総会で、新たな理事及び監事の構成が承認され、私が代表理事として更に2年間会長を務めさせて頂くこととなりました。会員諸氏と協力して学会の発展と学会活動を通じ社会貢献できるよう心掛けたいと思います。皆様方の変わらぬご協力を頂きたく、何卒宜しくお願い申し上げます。
会長 草井 章
あすか製薬株式会社 生産本部
シニアアドバイザー
Notice of Inauguration to be a President of JSPME
The Japan Society of Pharmaceutical Machinery and Engineering, JSPME was founded in 1991, and it progressed to the status of incorporated body in 2011. Thus, this year 2019 comes to be the 29th year since the foundation. Our members play active roles in a wide variety of fields, including pharmaceutics, pharmaceutical machinery, evaluating equipments, pharmaceutical excipients, engineering, and academia. More than 800 members consist of individuals and organizations strive to develop innovative technologies, carry out cutting-edge research, and collect, share and send out valuable health-related information that can improve the quality of life of consumers, both those dealing with disease and those maintaining their health. Each of these fields plays an important role in delivering high-quality pharmaceutical products to the medical sites and patients by distribution through wholesalers. By continuing to improve coordination among our members in these fields, we could help them achieve even greater productivity and impact. We foster “win-win” relationships among our members by working together to advance our common interests.
One of our main events is Annual Meeting, which has been held every year since our foundation in 1991, and the 29th meeting will be held in Gifu, where speakers from industry, regulatory, and academia including winners of NAKAI Awards will present current topics and works. Lecture Meeting in summer and Symposium in late fall are also held complementary to annual meeting by picking up timely and meaningful topics to our members. Detailed information on these events will be announced anywhere in this home page.
One of the great strengths of our Society is the active involvement of its twelve permanent committees: the Journal Editorial Committee, the Education Committee, the GMP Committee, the International Affairs Committee, the PAT Committee, the Homepage Committee, the Traceability Committee, the Plant Visiting Committee, the Review Committee on Research Articles, the Selection Committee of the NAKAI Award, Continuous Manufacturing Committee and Parenteral Products Committee. The last two committees have recently started their activities. These committees are the backbone of our Society, and its future progress depends on them. The results of their efforts will be reported in our journal or home page, presented at the annual meeting or published as booklet or so.
We will celebrate our 30th anniversary in 2020 when Tokyo Olympic Game will be held. In addition to the above permanent committees, two temporal committees have just started their activities, Editorial Committees for 30 years of JSPME history and JSPME handbook (3rd edition). Further, the Plant Visiting Committee who hosts the foreign plants tour to mark the stages of JSPME now draft a plan to visit several pharmaceutical plants in US. Please keep in mind these activities. As Society President, I am optimistic that your support and cooperation bring us to further step with a significant leap forward to celebrate the 40th and 50th anniversaries.
We give the award to our member who has contributed to advance in pharmaceutical science and technology under the name of the first president of our society, NAKAI Award. In addition, we give the award to young member who has conducted excellent performance to our field, NAKAI Young Researcher Award.
Finally, new cabinet of directors and inspectors are elected and I will continue to be the president for another two years at the general meeting held on June 22, 2019. I expect JSPME members’ support as usual.
Akira Kusai, Ph.D.
Senior Adviser, Production Division
ASKA Pharmaceutical Co., Ltd.
  • ページの先頭へ