一般社団法人製剤機械技術学会|JSPME
年間スケジュール / SCHEDULE
教育研修会

第14回GMP技術勉強会開催のご案内
一般社団法人製剤機械技術学会
GMP委員会委員長 竹俣 昌利
DB分科会委員長 大坂 昇
日頃より製剤機械技術学会の活動にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。
製剤機械技術学会DB分科会では、GMPの知見を深めることを目的としてGMP技術勉強会を開催しております。今回はGMP対応エンジニアリングに関係される初級者および新人の方に基本的な構造設備要件を学んでいただけるよう、学会ホームページに掲載している2つのデータベース(「GMP構造設備要求比較」と「PIC/S GMPガイドライン パート Iの構造設備要件対策シート」)の活用方法を解説いたします。
質疑応答や意見交換を行いますが、初歩的な内容からお受けします。
新人・初級者教育として、ぜひご活用いただきますようご案内申し上げます。
なお内容につきましては昨年の9月に実施した第12回GMP技術勉強会と同等となります。ご承知おきください。
テ ー マ :   構造設備に関するGMPデータベースの説明
講     師 :   GMP委員会/DB分科会 株式会社パウレック 唐津 弘丈
GMP委員会/旧PIC/S分科会 大成建設株式会社 鈴木 克也
日     時 :   2022年9月1日(木)15:30〜17:00
Zoomによるオンライン講演
参 加 費 :   無料
内     容 :   1.GMP構造設備要求比較

 空調設備・製造用水設備・コンピュータ・建築関連のGMPハードに対して、国内、PIC/S、米国、EU、WHOのGMP規制条文内容の違いについての概要と、WHO GMPの空調設備要件を主とした解説。

2.PIC/S GMPガイドライン パート Iの構造設備要件対策シート

① 設計文書 PIC/S GMP <Part I> 構造設備および設計文書の対応例
構造設備設計に関するポイントと構造設備の対応例や設計文書例の解説。

② PIC/S GMP <Part I>  構造設備対応例 比較研究シート
製造室のレイアウト検討の留意点とケーススタディを含む様々なレイアウトの比較検討例の解説。

③ 設計文書 PIC/S GMP <Part Ⅰ> 対応の留意点
設計文書に対する要件と留意点と設計文書の情報、適合させるための留意点の解説。


学会のホームページを用いた操作方法も説明いたします。


対 象 者 :   GMP対応エンジニアリング初級者および新人の方
本テーマにご興味がある方
申込条件:   当学会事業体会員会社に所属されていること
申込方法:  
申込受付システムへ

■申込受付システムへの入り方
   上記「申込受付システムへ」のボタンをクリックして申込受付ページへお入り下さい。

■参加方法
  1. ① 申込受付システムの注意事項を良くお読みになってから、申込受付ページへお進み下さい。
  2. ② 参加申込ページにて必要事項を記入後、「送信内容の確認」をクリックして下さい。
        送信内容に間違いがなければ「送信」をクリックして下さい。
*本情報についてはGMP技術勉強会の参加を確認する以外には使用致しません。
募集締切:   2022年8月19日(金)17:00まで
問合せ先:   一般社団法人製剤機械技術学会 事務局
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-15 共同ビル(新本町)4階
TEL:03-6262-7676 / FAX:03-6262-7677
E-mail:info@seikiken.or.jp
  • ページの先頭へ
x