第28回大会
■ 大会に当たっての委員長のご挨拶

綿野 哲
大阪府立大学大学院 教授
 2018年10月18日(木)、19日(金)の2日間、千里ライフサイエンスセンターにて第28回大会を開催することとなりました。
 近年、医薬品を取り巻く環境は大きな変換点を迎えています。先進国においては、経済成長が鈍化する一方で少子高齢化が加速します。その結果、社会保障制度に対する懸念が高まり、医療費抑制に対する圧力はますます強まると予想されます。また、先端科学が進展し、医療や診断技術に画期的な技術革新、例えば、ゲノム・オミックス研究、ウェアラブル・デバイス、診療情報・健診情報等のビッグデータ化、ドローンなどの流通新技術などにより、個別化医療、予防・先制医療が飛躍的に発展すると考えられます。
 その一方で、治療法が確立されないアンメット・メディカル・ニーズが依然存在します。また、新興国や発展途上国では、人口増加がさらに加速するとともに経済成長が持続し、新薬を含めた医薬品市場が急速に拡大するものと予想されます。
 本大会では、我が国の医薬品業界の現状を鑑みるとともに、グローバルな観点から医薬品業界の近未来を予想し、今後進むべき方向を明らかにすることを目的とします。大会開催に向けて、実行委員一同、鋭意準備を進めておりますので、是非皆様の積極的なご参加をお願い致します。

基調講演・特別講演
10/18 (木)

 
杉山 恵理花
昭和大学
 
 
三浦 明
厚生労働省
 
10/19 (金)

 
江崎 禎英
経済産業省
 
 
吉田 逸郎
東和薬品株式会社
 
 
一條 宏
株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス
 
バナー広告募集中!